サンカクユミ;三角弓(弓道練習メモ集)

上達めざして練習の際に書いている備忘メモの自己評論弓道ブログです

スポンサーリンク

 

⇒記事一覧

試合・審査

『審査』'16/5/21弓道練習メモ

所感・解説 [メモ自体は下の緑字。画像は最下] 審査のメモは初登場でしょうか。 これ以前もこの段の審査は何回も受けているのですが、当然受けるたびに番号が後ろに下がっていき、この時点で373人中250番。すでに半分より後ろか。 結果は×〇 甲矢が入らんこ…

『京都大会2016』'16/4/30, 5/3弓道練習メモ

所感・解説 [メモ自体は下の緑字。画像は最下] 5月といえば京都大会です。 この大会のおかげで、毎年ゴールデンウィークは京都周辺の観光になります。 弓具を車に搭載して数泊しながらの旅行です。 有名どころから回っていますが、もう何年も繰り返している…

『審査もう何回目か分からんくらい』'16/4/26弓道練習メモ

所感・解説 [メモ自体は下の緑字。画像は最下] 今回のメモ、いきなりの「体配系」なる言葉。 それに続く「礼・揖で矢が上がる」とか「弓立てるとき右肘甘い」とか。 急に趣向を変えてきた感満載ですが、こうなる理由は一つ。近々審査があるからです。 しかし…

『緊張という機能の目的は何なのか?』'15/11/06 - 11/08弓道練習メモ(後編)

所感・解説 [メモ自体は下の緑字。画像は最下] メモの内容は、試合の反省と今後の取り組みへと続きます。 まずは緊張に関してです。 私は試合などでは基本緊張するので、それにどう対処するのがいいかは課題の一つで、以前の記事でも触れています(「緊張す…

『実業団の大会2016』'15/11/06 - 11/08弓道練習メモ(前編)

所感・解説 [メモ自体は下の緑字。画像は最下] さて、いよいよ試合となりました。 この試合というのは、実業団(会社とか官公庁とか)の大会で、色的を使った点数制で競うものです。的心近くが黄色で10点、その外が緑色で7点、さらに外が朱色で5点、一番外側…

『調子の悪さと試合の緊張でマイナス×マイナス=プラスみたいになってほしい』'15/10/29 , 10/31弓道練習メモ

所感・解説 [メモ自体は下の緑字。画像は最下] 先回練習では「もう横線では解決の糸口なし」のため、「縦線に託」した。 しかし、そう簡単には「縦と横が連携しない…」。 やはり託すべきは魏延ではなかったか… 試合まであと8日。 会で緩んで狙いや力の方向が…

『弓道ブログなのに黄忠ではなく魏延』'15/10/28弓道練習メモ

所感・解説 [メモ自体は下の緑字。画像は最下] 試合まで時間がない(2週間を切っている)ことから、前の練習ではもう細かいことは抜きにして、矢筋に「いち、にの、さん」でいこうと決断しました。 しかし、その「いち、にの、さん」が完成しない。 「矢筋に…

『あとは矢に聞いてくれという』'15/10/24弓道練習メモ

所感・解説 [メモ自体は下の緑字。画像は最下] いよいよ切羽詰まってきた感が伝わってくる「そして仕上げに入らざるを得ない…」という言葉。 これまで色々なことに取り組んできたが、どれも形になるところまで至らず、中途半端な状態。 試合までは2週間。メ…

『試合出るって言わなきゃよかったって思うやつ』'15/10/14弓道練習メモ

所感・解説 [メモ自体は下の緑字。画像は最下] 先回までの方針「肩を最下点(底辺)として上方向へ両肘を伸ばす。手の内は上押しはかかりようのない形になるがそれは良しとする」の結果、案の定、上に飛ぶようになってしまいました。 弓手の力が上方向に解放…

『審査や試合が上達を阻む?』'15/10/12弓道練習メモ

所感・解説 [メモ自体は下の緑字。画像は最下] 会で肩が詰まるように上がっている形から、沈めた形に下げつつ、拳(口割)の高さはそれほど変えないようにしようとすると、弓手としては今までよりも上を向く形になります(経緯は先回記事参照)。 なので、本…