サンカクユミ;三角弓(弓道練習メモ集)

弓道の上達めざして練習の際に書いている備忘メモの自己評論ブログです

スポンサーリンク

 

⇒記事一覧

はじめまして

f:id:kasaderanohaji:20200802123016p:plain

2002年 著者射影(ゴム弓)

りくろと申します。

 

社会人弓道家です。弓道歴は20年近くになります。高校、大学と会相が三角形の弓=三角弓(上の写真参照)を引いてきて、社会人になってしばらくしてから本気で直そうと決意するも一進一退。早気とも長期戦の様相。的中率は波あるがざっくり5割弱。こっちの向上も一進一退です。

 

このブログは私が練習で気づいたことや考えたことを書いているメモに対して、自ら感想を言ったり注釈つけたりするものです。メモには絵もあるので、画像を添付してご覧いただきたいと思いますが、いかんせん読めない字があるかと思われるので、本文中で活字にも起こします。

 

書きためてきたメモ帳は現在5冊目ですが、1冊目を紛失しているので2冊目から少しずつ公開していこうと思います。

 

メモの中には、何かに取り組んだ結果、うまくいかなかったという事例が数多く含まれます。このトライ&エラーや、思考と射の変遷を見ていただければと思います。また、過去の自分の取り組みや考え方を振り返ることは、私自身にもいいことがありそうな気がしています。

 

当ブログが皆様の弓道修練において一つの切り口にでもなれば幸いです。そして皆様の上達に少しでも貢献できるものになればと思います。

 

【補足】
大きなテーマの一つが、私の若い頃からの癖である「三角弓」との戦いです。「三角弓」を直したいと思っている方、「三角弓」の人を指導している方のヒントになれば幸いです。
「三角弓」・・・馬手を手先でたぐり、弓手をまっすぐにつっぱって引く癖。会の形が弓手角見、馬手肘、馬手手首を頂点にした三角形のようになる(上の写真参照)。

 

※といっても三角弓に関する内容ばかりではなく、練習で取り組んでいることの移り変わりで様々な内容が出てきます。

 

【補足2】
私は斜面なので弓構え/打起しは正面とは異なりますが、その他はほぼ一緒と思っていただき読んでいただければOKです。

 

【補足3】
私は首が長く、なで肩です。この肩周りの骨格の違いによって、腕の筋肉の使い方も大きく変わってくるはずですが、一般的には余り考慮されないように感じています。
本メモでは、くび長/なで肩骨格における力の使い方も模索し続けています。これは三角弓との戦いとも大きな関連がありそうです。

f:id:kasaderanohaji:20200506220235p:plain