サンカクユミ;三角弓(弓道練習メモ集)

弓道の上達めざして練習の際に書いている備忘メモの自己評論ブログです

スポンサーリンク

 

⇒記事一覧

口割とあご浮きと視界の関係_'15/09/26 , 09/27弓道練習メモ

所感・解説 [メモ自体は下の緑字。画像は最下]

9月27日の記事に出てくる口割に関しては、以前にも触れた記事があります。

一つは高いのは許容されることがあるのに、低いのがダメなのはなぜか聞いたことがない、というもの。ただし問題提起のみで、なぜそうなのかには言及していません。

高いのが許容される理由が骨格ならば、逆もありうると思うので、他に理由があるはず。「狙いをつける上で、視点から矢が離れるのを嫌う」とか、「上腕三頭筋が効いて会が持ち上がるのは悪くないが逆に抑えつけて下がるのはダメだから」とか。どうなんでしょうね。

もう一つは、低い口割があご浮き起因ならばすぐに直しましょう、というもの。あご浮きは射全体のバランスをゆがめてしまうので、ここから治さないと二度手間三度手間が発生しかねません、というような内容です。

 

今回のメモは、その二つ目の記事に近い内容で、口割より矢が下がることに対し、「①アゴをしめる」「②矢一本分高いところで会をつくる感覚」「③低い視点からの視界に慣れる」ことをアイテムとして挙げています。

①は口の位置を下げる、②は①によって変わる矢と口の位置関係を受け入れる、③は①によって視点が低くなり視界が変わることに慣れる、といった意味合いです。

③の視界に関する点をアイテムとする理由は、見えない部分(アゴ)はいつのまにか元に戻ってしまうので、目と他の物との相対的な位置関係(視界)の変化を確認することで、アゴが低い状態を維持するためです。矢とか肩が身近なところですが、今回メモでは左拳です。左拳の先には的があるので、そこまで含めて目のあるべき高さを定めようということだと思います。

 

視点や視界に関しては、次回のメモでも触れられていますので、ご覧いただければと思います。(追って作成します) 

 

スポンサーリンク

 

弓道練習メモ(画像は記事の下部分)

150926

講習会

右ひきすぎ ゆるみ 

両肘を張る。打起し肘主導。

馬手ひねり。ひねりが効いていれば引き過ぎられないと言うが… 

150927

昨日口割低いとも言われた。

いろいろ総合してまずやるべきは、

あごをしめて肩を沈め正しい高さで会を作ること。

またそのイメージを体で(視覚でも)覚えること。

最初の感覚としては、低い位置(視点)から的を見る。口割は矢一本分自分の感覚よりも高いところにする。 

ともかくまずは極端にやること 

次のステップ

・前飛びしそうな感覚は馬手ひねりでカバー

・引き分けでどこかで弓手肩が少し抜けるみたい

左こぶしと目の高さの関係も、今までよりも目を低く、極端に言えば目と同じ高さくらいのイメージ。D型射形のあごしめ版。

 

f:id:kasaderanohaji:20200826190723j:plain