サンカクユミ;三角弓(弓道練習メモ集)

自分で書いた弓道練習時のメモについて語る「自己評論ブログ」です!

スポンサーリンク

 

⇒記事一覧

『引き過ぎとも長い付き合いだな』'18/01/28弓道練習メモ

所感・解説  [メモの引用は緑字表記]

 

引き過ぎ注イ

 

ヤバいときは99cmの矢の板付が弓にかかるくらいまで引きます。そうなると、自分でもびっくりして何かしら緩ませて引き尺を減らし、離して、外します。

 

マジでヤバいですよね。

 

どうすれば引き過ぎないようにできるのかは永遠の課題なのです。

 

 

現在でも、

2023/10/30のメモ『引きすぎ。馬手肩の引き出しがやられていない

2023/12/6のメモ『引き過ぎる場合は馬手肩の引き出しができていないことが多い

 

「馬手肩を引き出す」というのは、最近重点的に取り組んでいる項目の一つで、弓手肩や胴(みぞおち)、腰などと組み合わせて体幹の構築を模索しています。

 

ざっくり書くと、

従前の

「肩を支点にして担ぐように手先で引いてしまう」

のに対して、

「肩を裏的方向に引き出して、腕全体で抱え込む(抱き込む?)ようにして拳が肩の上に載るように引くようにする」

ですが、

詳細は6年先のメモの解説の時に書きます。

 

そして、(前回記事にも同じようなことを書きましたが)うまく組み合った時の感覚が非常にいい。

 

積年の、というか、弓道始めて以来四半世紀級の癖とも別れの時が近いかもしれない⁉

 

 

↓↓ 記事を投稿したらtwitterでお知らせしていますので、よろしければフォローお願い致します

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

- -スポンサーリンク(楽天市場)- -

   
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

この日のメモ  [メモの活字版 (画像は最下)]

180128(左ページ)

引き過ぎ注イ

⇒起こし上げきれば引き過ぎない

大三馬手肘体側も効果あるかも