サンカクユミ;三角弓(弓道練習メモ集)

弓道の上達めざして練習の際に書いている備忘メモの自己評論ブログです

スポンサーリンク

 

⇒記事一覧

筆者射影 2002年8月

ヘッダ部分にあるゴム弓の画像とほぼ同時期の、的前の画像です。

f:id:kasaderanohaji:20200811215156j:plain

f:id:kasaderanohaji:20200811215222j:plain

 

以下、総集編的な解説です。

 

<会>
f:id:kasaderanohaji:20200811215254j:plain

図中赤線
馬手は手先でたぐって肘は下がり、弓手はまっすぐにつっぱって、左肩は押し込まれて肩線が左上がりになる。このとき、会の形が「馬手前腕」「馬手肘から弓手拳」「矢」を三辺とする三角形のようになる。

図中緑線
アゴが浮いているため、縦線が裏的側に曲がってしまって効かず、視界は的を見下ろすような感じになって平衡感覚が崩れ、全体的に馬手側に偏ったバランスになる。

 

<残心>
f:id:kasaderanohaji:20200811215306j:plain

図中青線
馬手は手首でつまみ上げるようにたぐって引っ張っているため、離れで拳は肘を支点に弧を描くような軌道をとる。

図中オレンジ線
押し込まれて上ずったままの弓手肩は、弓の力を受けるので精一杯。そのまま残心に至る。離れで上半身全体が馬手側に動くこともある。

図中紫線
先述の時計回り+末弭倒れの手の内

 

今は良化してます画像を遠からず載せたいが…