サンカクユミ;三角弓(弓道練習メモ集)

弓道の上達めざして練習の際に書いている備忘メモの自己評論ブログです

スポンサーリンク

 

⇒記事一覧

未来には手の内を解説できるようになっているか_'15/08/11弓道練習メモ

所感・解説 [メモ自体は下の緑字。画像は最下]

前回150808での手の内に関する問題提起に対して、2つ提案をしています。ざっくり言えば指の配置と力の使い方についてですが、手の内は今まであまり取り組んできていないので、内容は浅いです。

手の内は矢を飛ばす方向を決めるとともに、動力の一端でもあります。こう書いてみれば、射の優劣を分ける超重要部分の一つであることが改めてわかるのですが、にもかかわらず避けて通ってきてしまいました。よくないですね。

ここのところのメモで手の内が取り上げられているのは珍しいのですが、案の定というか、検討はあまり深まりません。

まあ過去に対して文句言ってもしょうがないので、今やることにしましょう。

 

今回のメモには手の内の他にもう一つ、いつもの肩線の高さについての話題もあります。

両肩を沈めて左右に伸びたいが、左へ力が流れないのがなぜか、というやつです。「富士山麓」という言葉がいきなり出てきましたが、これは何度か出てきている「」と同じものです。これは次回以降でも出てくるので、そちらで詳しく触れていくことにします。

 

浅いな。

 

スポンサーリンク

 

弓道練習メモ(画像は記事の下部分)

150811

手の内 提案

打起し、引分けと進む中で、小指の付け根が弓に挟まって痛い。
 ⇒手の内作るときにはじめから会の状態に近い形に逃がしておく?

②親指と人差し指が離れる
 ⇒がっちり固定する意識のサークルチェンジアップ手の内?

 

そして何より肩あがらんように+アゴ

 

最近の結論?

「肩を下げる」力ではもう限界か。「肩を下げる」は腕との関係でもあり、腕を下げる(引く)ときにいつの間にか肩が上がる力に変わっていることがあり、結局これが制御できなかった。そのため、今一度富士山ロク射法でやる。過去何度かこれを使ったが、うまくいかない(主に引きすぎる)のは、左側への力の流し方がよくわからなかったのと、アゴが浮いていたため、右に力が偏りがちだったためと思われる。よって改めて富士山ロク射法の完成にトライする。

  

f:id:kasaderanohaji:20200809120227j:plain